平成生まれが30代からの生き方を考える

20代のサラリーマンが人生とは何かについて考えます

またブログを書けない病になったので冷静に思考の偏りを分析してみた

こんにちは。tanigu12です。


5日ぶり2度目ですが、
どんな記事を書けばいいのかわからなくなりました。


ネタはちょっとは用意してある。
でも「今はこのネタを書くべき時じゃない」と思って書けない。


う〜んどうしようか、と若干不安になってしまいました。



なので、落ち着こうと思って、先日書いた


「今まさに何を考えているかを記事にする」
ブログのネタ探しに困ったら「まさに今考えていることをネタにする」のがオススメ - 平成生まれが30代からの生き方を考える



という目線で考えてみたところ、


「今の私が書くにふさわしいテーマって何なんだろう」


ということについて悩んでいる自分に気がつきました。



ブログを書く人にならよくあるのでしょうか、
そんな悩みに対してどう対処すればいいのか、ということを記事にしてみようと思います。

こういうことができるのが、ブログの良さだと思います

目次

ブログのアクセス数を見てしまった


正直に言いますと、ブログのアクセス数を見て、
自信がなくなってしまいました。



どんな記事も今の自分が書くにはふさわしくない、
こんなしょうもないブログにはもっと別の、何か、それらしいテーマで書くべきだ、
と思っていたのです。


そうなってしまったら、もはや記事は出せそうにないです。



クリエイティブな作品にはありがちなものだと思います。
自分の感性を信じられなくなってしまって、お先真っ暗になってしまうのです。



でも何かがおかしいなと思いました。
悪い意味ではなく、自分の考え方が歪んでいるのだと思いました。



なので、もう一度冷静に、原点に立ち戻ってみることにします。

何のためにブログを始めたのか


ブログを始めたそもそものきっかけは、


「あまりにもやることがないので、一人でできる趣味としてやろう」


というものでした。

ただそれがお小遣い稼ぎに使えるというのに目が眩んで、


すげー記事をいっぱい創りたいな〜

そしてみんなに見て欲しいな〜


と思っていました。


それ自体はいいことだと思うのですが、
理想と現実のギャップに打ちのめされてしまうと、
趣味として始めたはずなのに、長く続けられなくなってしまいます。



もっとのんびりでいいし、
楽しく自分の好きなことを書くのが一番です。



世の中、続けたもん勝ちです。



もっとどうでもいい、個人的なことだって書いたらいいじゃないですか。



そう改めて思いました。

ありがとうございました。